メニュー

院長ブログ

副院長ブログ(知らない間に生えたり?)(2020.09.23更新)

先日は地面を掘り返していましたが連休には植木の剪定をしておりました。

今年の暑さで庭の草木の葉が所々茶色く灼けて痛々しく、よく頑張ったねと声をかけながらカットしました。

いつも通る通路の植物は見慣れていますが、あまり立ち入らない側に見知らぬ木が生えて何メートルにもなっていることに少し前に気づきました。

おまけにどこからか伸びてきたつる草がその木に巻き付いて2階のベランダまで及んで花を咲かせている。

そこを伝って蟻が上がってきている。

ジャックと豆の木の巨人の気分で思わずぶちぶちっとつる草を剥ぎ取って、えいっと階下に落としたのが数日前。

むむー。何の木なのか。しかも葉に虫の卵が付いている。

花芽を付け始めている椿の葉にも気づけば茶毒蛾の毛虫がびっしり!!!

かわいそうだ、などと言っていられない。もう切る!

茶毒蛾は毛虫の毛がふわふわと飛んで肌に着いたら痛い皮疹が出て大変なので庭師さんに教わった通りに遠くからジェット水流で叩き落とす。

棒樫にも何かわからない蛹?もう抜け殻?どんどん切る。

ちょっと知らない間にいろんなものが生えたり育ったりしている。

身体にも何か勝手に生えたりしていないかどうか、感染対策で延期になってしまった検査、検診など予約を取り直して、発見が遅れないように調べてみることをお勧めします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME