メニュー

糖尿病の治療

糖尿病とは、血糖値=血液中のブドウ糖濃度が高くなる病気です。

糖尿病はその成り立ちから1型糖尿病、2型糖尿病、その他の糖尿病、妊娠糖尿病の4つに分類されます。そのうちの、
1型糖尿病は、ウイルス感染や自己免疫や不明な原因により、膵臓の細胞が破壊されてインスリンが不足してしまう疾患です。糖尿病全体の5%が、1型糖尿病といわれています。
2型糖尿病は、遺伝要因に、食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わってインスリンの働きが不足して発症する病気です。糖尿病患者さんの多くはこの型にあたります。

糖尿病は深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症など)を引き起こすことがあり、血糖値が高いことがわかってもまだ軽いからと放置しがちですが危険な病気です。糖尿病は早めの治療・対策が必要であり、有効です。

当院の治療について

当院では、問診や検査、食事療法と運動療法の相談、内服薬やインスリンなどの注射による薬物療法を行っています。

必要と判断すれば、一時的に病院にご紹介して入院での糖尿病の学習や詳しい検査、血糖の調節をして頂くこともあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME